2013年12月18日

田上明引退興行

毎日立ち食いそば食ってるわけにもいかないのでプロレスの事も少し書きます。

あるサイトで田上明引退興行の模様を観ました。行こうかな?と言うのも少しありましたけど、やっぱりもうプロレスを観に東京に出ると言うのが苦痛なんですよね。高いし。試合のほうはやっぱりちょっと動けてないなって。天龍選手も膝が悪そうで、観ていて痛々しかったです。ドラゴンが一番動けていたという・・・。まあ仕方ないですね。

田上明と言うとやっぱり川田とシングルでやり合ってたころが一番よかったかな。ここ一番で魅せるドロップキックとかかん抜き・スープレックスとかは凄かったですよねえ。断崖のど輪もありましたっけ。私は輪島の流れをくむアームボンバーが好きでしたけど。


小橋健太が引退し、三沢光晴がああいう事になって、川田利明は離脱状態。田上をも引退して四天王プロレスは完全終了ですね。私はやっぱり四天王・三銃士の世代ですから、感慨深いものはあります。最後四天王でカメラに収まってる姿は・・・やっぱり三沢に居てほしかったなあと思います。私は三沢光晴が好きではなかったけど、やっぱり90年代のエースは彼でしたし。三沢も華々しい引退試合で送ってあげたかったですよねえ。

プロレスも偶に書きます〜 暇つぶしですので

posted by aggression1999 at 20:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。