2013年12月22日

上野駅 喜多そば 

上野駅メイン改札を出たところにある喜多そばです。
以前も書きましたけど。

券売機を観た瞬間に嫌な予感はしたのですが、かき揚げそばを購入して入店。入店すると「あじさい」と書いてある籠から店員の兄ちゃんがそばを取り出し、温め始めました。わずか3分程度でかき揚げそばが出てきました。

麺はパサパサしていて茹で足りません。舌触りも触感も悪いですねえ。喜多そばってもうちょっと美味しかったような記憶がありましたけど、「あじさい」になってしまったんですねえ。まあ、知ってましたけど。改めて食べてみるとね、残念ですね。大船軒もただの「あじさい」になり下がってしまったので、きっと同じようなことなんでしょうね。大船軒は本当に昔から愛用してきたので、食べた時のショックは計り知れないものがありました。残念です。

写真 (1).JPG

小田急は箱根そば、相鉄は相州そば、京急はえきめんやと味にもこだわったそばを出しているのにどうして大手のJR東日本がこれなんだろう?と思ってしまいます。それでも店に入る人が多いからなのかなあ。喜多そばは常磐線沿線によくある蕎麦屋のようですけど、味の破壊が進んでしまうのは本当に残念です。
posted by aggression1999 at 19:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。